天気

晴れてきた。冬空の晴れ間を見るのは、とても気持ちいい。寒い時に温かい温泉に入ったようなものかもしれない。
暑いときに熱い湯に入っても、何も 思わないが、寒い時に温かい温泉に入ると気持ちいいのと同じかもしれない。ところで、被災地の難民の人たちも同じ空を見ているのであろうか。彼らに幸と平 安あれ。被災地に復興あれ。彼らを見ていて思うのは、いざとなれば政府も会社も無力であるということである。何とかしたくても何も出来ないのである。自分 の身は自分で守りきらなければならない。

そう思いながらも本当に実行できているかは、甚だ怪しいものであるが。

今日、読んで感銘した本の一節に「早く親元を離れろ」とあった。

一旦は離れたが、また騙されてもどってきてしまった。

激しく後悔している。

それで、前々から薄々気付いてはいたのであるが、私はもう終わってしまったようである。昨日ラジオであるイベントの告知をしていたのであるが、聞いていると既に 年齢制限に引っ掛かって申し込むことすら出来ないのである。振り返ってみると、いろいろなことに挑戦してきたが、どれもまともにものにならなかった。何一 つ上手くいかなかった。悲しいがこれが現実である。マスターは勝ちパターンと負けパターンを分析せよとアドバイスをくれた。

しかし、気が付けば生え際の薄毛が気になる年齢である。髪の毛はアミノ酸から出来ていると聞いてアミノ酸サプリメントをネット通販で購入しているような状況である。

このような状況から抜け出すために、何をどうすれば良いというのだ。

ちなみに、この前、購入したのは、あのサプリメントである。

それで明日まで、仕事における御礼状の文面を考えなければならない。一応、簡単に考えてみた。

今日はどうもありがとうございました。
私、これは会社の人間に見つかるとまずいので個人情報は一切書いていません。
これからの事業、応援しています。例の約束は、とりあえず二人、OKもらいました。
一人はで中華料理屋で一緒に来ていた、オーナー。もう一人は最近、結婚相談所ビジネスを立ち上げた人です。
(まだ個人事業とのこと)何人、集まるかな?

仮に動画での視聴が不可能であった場合でも自分が参加していることの重要さは理解しております。これからの講義内容が楽しみで仕方ありません。プロジェクト が終了した時点での自分を想像しただけで嬉しくて仕方ないのです。感謝の意をお伝えする良い機会だと思ったこと。また、とても重大なセミナーについて、 「是非」という思いから連絡させていただきました。今回の御縁、繰り返しになりますが、感謝しております。最近、自分が大阪在住でないことが悔やまれてなりません。

こんな感じかな。

朝日大学

親戚の子供に会った。正月なのでお年玉をあげた。早いものでもう高校生だという。しかも3年生である。昨日まで子供だと思っていたのが高校生である。高校では文系ではなく理系だという。私は高校生のときには文系であったが、この子供は理系だという。

私が高校生のときには数学の授業でサイン、コサイン、シータなんてのが出てきた時点で既にお手上げだった。理科系の科目でまったく点数が取れなかったので仕方なく文系を選んだものである。

もっとも、文系の科目もあほらしくて全く勉強する気にはなれなかったが。

それで、この子供であるが、卒業後の進路であるが歯学部に進学を希望しているという。将来の夢は歯医者になることだそうだ。

出来れば親の立場になってみれば、私立の大学ではなく国立の大学に進学して欲しいようである。しかしながら、昨今は国立大学といえども授業料、入学金ともに値上がりしている。浪人することは経済的に許されないということであった。

しかし、訊いてみると国立大学も私立大学も、昔ほどには大きく金善的な負担は変わらないらしい。奨学金の申請もしていると言っていた。

歯学部に入学するときには、いったい総額でいくらの金額が必要なのであろうか?

卒業後に奨学金の返済のあてはあるのであろうか?歯科医というのは病院での研修制度はあるのであろうか?内科や外科では良くインターンとかで大学病院にサラリーマンのようにして勤務するとかいう話を聞いたことがある。山崎豊子の小説にも、これをテーマにしたものがあったような記憶がある。

タイトルは「白い象牙の塔?」だったか?

それで、少しでも家庭の負担を減らすために大学受験の願書は無料で取寄せ可能なものにするのだという。我々が高校生の時には市中の書店でオカネを払って購入したものである。ついでに赤本も購入したか?図書館で無料で使ったのだったか?ずいぶん昔のことなので記憶も定かではない。

ちなみに、この子供が利用したのは、こちら⇒朝日大学 願書 無料請求

調べてみたら本当にタダだった。オカネは払わなくて良いのだ。

奇跡

奇跡はやっぱりというか必然的にと言うか、今年も起きなかった。

これで果たして暗闇に突入して何年になるであろう。何らかの結果を出すべく去年とは違うことをした。7月に東京まで行って高額のセミナーも受けた。周りが社長だらけで少し驚いた。

小学校時代の同級生に再会したのは、さらに驚きだった。8月からはソーシャル系の講座を受講した。これは来月くらいに終了する。

昨年とは違うことをしてみたけど、出てきた結果は似通ったものであった。

種を蒔いただけで良しとするべきなのか。

かつて私に起きた奇跡はお手本があった。ツヨシ師匠のやった通りにすれば問題なく結果は出た。

現在の状況はというと、師匠の真似をしたので師匠に追いついてしまったことであろうか。

お手本が何処にもないのだ。

手探りでやって、20年?も経つのであろうか?

来年は、どうしよう。どうなるであろう。

例のソーシャルネットワークサービスを使ったビジネスの講座に申し込んで早いもので一年以上が経過した。

あの時、期待に胸を膨らませて受講手続きをしたものである。

高額の受講料をクレジットカードで支払うことに何の抵抗もなかった。丁度、ハロウィンの季節であったか?思えば本格的に作業を開始したのが、去年の今頃であったか?結果的に空中分解というか、うやむやにされた形である。受講者の一人は詐欺で訴えると叫び、受講料の15万円を全額返金してもらったという。

私は、といえば収益化はしていないのであるが、ゼロからまったく新しい仕組みの作り方を覚えたので、それなりに有意義ではあったと思う。
しかしながら広告運用についての説明は、まったくないのは詐欺といえば詐欺だったかもしれない。

また、講師の男性が二人とも独身で、そのうち一人がAKB48オタクであったことには驚きを隠せなかった。

メイン講師が何かと引き合いに出して説明する時、、必ず「AKB48に例えると。。。。」と言うのだ。

実に気持ち悪い。これで1年以上経過するが、私以外の受講者も、皆、途中で諦めて放り出したようである。

ちなみに件の変態男性講師であるが、結婚の予定はあるのであろうか?多分、ないであろう。

この前、ツイッターで「彼女、欲しい」と呟いていた。

「一生独身?」この人間は年齢的にも、生涯独身なのではないだろうか?

それで、更に気になることに、昨日あのソーシャル・ネット・サービスが使えなくなっていた。閲覧は出来るが、書き込みは出来ない状態になっているのである。予約投稿した分も全てエラー が出ていた。これから、このソーシャルネット・サービスを収益の柱にしようと考えていたのであるが、いきなり冷や水を浴びせられた形になった。やはり、リ スクは何にでもついてまわるのであろう。
最終的には収益元は分散させなければならない。エラーの理由については不明であるがサーバーによるものではないで あろうか。